スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<口蹄疫>種牛49頭の殺処分容認 東国原・宮崎県知事(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県が殺処分の回避を要望していた種牛49頭について、東国原英夫知事は27日、「当然手順を追ってやらなければならない」と述べ、国の殺処分方針に従う考えを初めて示した。

 県庁で記者団から問われた東国原知事は、感染力が強い豚約7万頭の殺処分と埋却を優先し、その後49頭の問題に対応する考えを示した。一方で「日本畜産界の宝だから残してほしいと多くの方が思っている。私も個人的な感情としては残したい」と語った。

 49頭は県家畜改良事業団で飼育され、伝説の種牛「安平」や次世代の種牛。今のところ口蹄疫の症状は見られていない。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:対策特別措置法案が衆院通過 28日成立へ
口蹄疫:熊本もブランド牛の種牛など移動 分散管理へ
口蹄疫:農家への補償始まる 「概算払い」で
口蹄疫:ワクチン接種99.5%終了
口蹄疫:畜産農家の国民年金保険料を免除

経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
<事業仕分け>競輪2事業「廃止」…後半3日目(毎日新聞)
<参院選>地方で進む自公の「復縁」 バーターの成否、選挙戦の行方に影響?(毎日新聞)
首相「社民党から新閣僚も当然視野にある」(産経新聞)
<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
スポンサーサイト
プロフィール

くろさわただおさん

Author:くろさわただおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。